新築事例

新築させて頂いた例を元に、地鎮祭の流れをご紹介します。

スタッフもお手伝いさせて頂き、地鎮祭の準備をしました。

テント(土地)の四隅に笹竹を立て、注連縄(しめなわ)を張り、紙垂(しで)をつけます。
中央に祭壇を設置し、その横に盛り砂をします。

神事が始まりました。

神主さんが挨拶をされ、式典がスタートします。

  修祓の儀(しゅばつのぎ) 参列者を清める儀式です。

  降神の儀(こうしんのぎ) 祭壇に神様をお招きする儀式です。

  献饌(けんせん)神様にお酒やお供え物を捧げる儀式です。

  祝詞奏上(のりとそうじょう) 神前に工事の安全を願って神主さんが祝詞を奏上します。

  四方祓い(しほうばらい) 土地を祓い清め、工事関係者などに災いが生じないよう祈願します。

  地鎮の儀(じちんのぎ) 施主、施工者が初めて土地に手をつけ敷地の安定と工事の安全を祈願します。

  玉串奉奠(たまぐしほうてん) 工事の無事安全を祈って、玉串を神に捧げます。

  撤饌(てっせん) お供え物を下げる儀式です。

  昇神の儀(しょうしんのぎ) 祭壇から神様がお帰りに儀式です。

  御神酒拝戴(おみきはいたい) 神様にお供えしたお酒を参列者全員が頂きます。

  閉式の辞  神主さんより、お祝いの言葉を頂き、地鎮祭終了です。

pagetop▲